家を借りる|現状回復義務|不動産会社を利用して賃貸マンションを借りよう

現状回復義務|不動産会社を利用して賃貸マンションを借りよう

家を借りる

図面と硬貨

借りた家の魅力とその商品

結婚して新しい家庭を築く場合、いきなり新築を建てる人もいますが、多くは賃貸住宅に住みます。賃貸住宅の魅力は毎月決まった家賃や共益費、駐車場代を払うことでそこに住み続けることができる点で、今後の出費もおおよそ把握できる点です。 管理は管理会社がしてくれるので基本的には必要ない上、修繕等も自分たちでする必要がないものが多いのです(自分たちで壊した場合は除く)。 賃貸住宅は、一戸建て住宅や分譲マンションとよく比べられますが、一戸建ては毎年のローン返済と固定資産税を支払う必要があります。これに対して分譲マンションは自己所有の土地を持っていないので固定資産税は払う必要はありませんが、ローンとマンション管理費は払う必要があります。

賃貸住宅と一戸建てと分譲マンション

賃貸住宅と一戸建て、そして分譲マンションはそれぞれ一長一短ですので、ある一面だけを見て判断するのは危険です。そこで二つの視点を持って判断しましょう。 一つが時代の流れです。できれば30年先ぐらいまで予想できるのが理想ですが、プロや専門家をもってしてもこれを確実に予想できる人はほとんどいません。ですが、これから10年後ぐらいまでなら素人でも大体予想が付くのではないかと思います。 例えば、これから先しばらくは老人が増えるため不動産物件が余ると言われていますが、その時にどの住宅がいいのかという視点で判断してみましょう。 もう一つの視点は自分を含めた家族の将来です。例えば夫婦二人で子供を作る予定がなければ無理して広い家に住むよりも賃貸住宅でも十分です。このように2つの視点で考えると賃貸が良いのかそれとも一戸建てやマンションがいいのかがおおよそ見当が付くのではないでしょうか。